家具

大塚家具が神奈川県住宅供給公社と連携 新しい家具リユース事業の可能性広がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年2月2日(木)、神奈川県住宅供給公社(本社:神奈川県横浜市/理事長:猪股 篤雄、以下公社)と株式会社大塚家具(本社:東京都江東区/代表取締役社長:大塚 久美子、以下大塚家具)は、公社が展開する介護付有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」における家具のリユースに関わる協定を締結した。

■高齢者の“心に寄り添う”サステイナブルな暮らしをご提案
これまで「ヴィンテージ・ヴィラ」にご入居される大半の方々は、長年住まわれたご自宅とともに、慣れ親しんだ家具類もやむなく処分されていた。そして公社は、ご入居される方々の「愛着のある家具など家族との思い出を大切にしながら、新たな生活をスタートしたい」との思いを感じていたという。
そうした背景の中、昨年 9 月、大塚家具の家具のリユース事業本格化の発表があり、「公社のお客様に対する想い」と「大塚家具のライフスタイルの変化に応じた住環境を提供したいという想い」が共感し、今回の協定に至ることになったとのこと。
今後、公社と大塚家具は、「ヴィンテージ・ヴィラ」へご入居を希望する方に対して、家具の価値や思い出を残すリユース提案を行うことで、生活スタイルの変化に合わせた新たな価値を創造し、また、資源の有効活用や環境への負担軽減に資するサステイナブルな取り組みを進めていくという。

具体的には、大塚家具による家具の買い取りはもちろんのこと、今まで慣れしたんだ家具のサイズを小さくするなどのリサイズを行い、それを次の住処である施設に持ち込み、使用し続けることができるようになるという。

大塚家具

提供:

編集部

投稿者の記事一覧

各業界(4000分野対象)向けプレスリリースは、こちらから送信ください。

http://recordasia.biz/pressrelease/[プレスリリース受付窓口]

関連記事

  1. 大塚家具 ベットフェア2017
  2. 「アウトレット&リユース プレミアム有明」2月10日(金)オープ…
  3. 大塚家具が話題の「リユース」事業の名称を公募 100万円商品券贈…

おすすめ記事

  1. マチイロの株式会社ホープ 株主優待「初」導入
  2. 複数社のインターネットマーケティング企業が再配達問題の解決に向け個人宅配物の会社受取り奨励制度を開始
  3. 大塚家具が話題の「リユース」事業の名称を公募 100万円商品券贈呈
  4. 高齢者&ペット向け「竹炭消臭敷パット」虎斑竹専門店 竹虎
  5. 2016年 お墓の平均価格:181.5万円 前年比20万円減
  6. 写真館が「100cm100人の笑顔写真で地域貢献」
  7. Facebook限定「秒速業界新聞」開始
  8. デルのパソコンが22,980円
  9. あの「ほめ言葉の魔法」実践発表見学会
  10. 葬儀会社様向け|香典帳かんたん整理システム「セレモ君」

おすすめ記事

  1. マチイロの株式会社ホープ 株主優待「初」導入
  2. 複数社のインターネットマーケティング企業が再配達問題の解決に向け個人宅配物の会社受取り奨励制度を開始
PAGE TOP