エンディングドレス

葬儀最前線[フューネラルドレス](恵比寿)

「最後まで、ステキな私で」をキャッチフレーズに、フューネラルドレスを製作している「株式会社アンビエンス フューネラル事業部 AETERNA(エテルナ)」(代表:高橋信子社長 住所:東京都渋谷区恵比寿南3-10-14-515 電話番号:03-3791-1826)。

終活ブームの中、今、最後に着る衣装をおしゃれにと予めご自身で用意する方も増えてきているという。一般的に死装束は、お遍路の時のあの白装束と同じものが使用されている。人は亡くなると、修行の旅に出るとする仏教的思想からである。しかし、御婦人の中には、肌着のような薄い白い衣装を着るのは恥ずかしいと、いわゆる『フューネラルドレス』を用意するというのだ。カラフルなフューネラルドレスは、エンディングドレス・エンディングウエアなどとも呼ばれている。

長期の闘病生活などで頬がこけた姿などは、あまりさらされたくない。一般的には、白い布を顔面に被せることになるが、息苦しいのではないかと毛嫌う方も多いという。そのような御婦人には、ベールでお顔に少しシャーをかけ、隠すことができるという。

また、抗がん剤などで頭髪を薄くされた方などのためには、ドレスに合ったオシャレなターバンが用意されている。帽子は、寝ている状態だと後頭部が盛り上がってしまう。その点、ターバンは、寝たまま頭髪を包むことができ、帽子よりもおさまりがいいという。

株式会社アンビエンスのフューネラルドレスは、葬儀サービスの総合展示会「フューネラルビジネスフェア2012(2012年6月28日・29日 神奈川県パシフィコ横浜)」にも出展された。

 

■【お求め・お問い合わせ】は、
株式会社アンビエンス フューネラル事業部
AETERNA(エテルナ)
代表:高橋信子
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-10-14-515
電話番号:03-3791-1826

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で業界共同新聞社をフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【書籍】「葬送の仕事師たち」(新潮社)
  2. 映画「エンディングノート」
  3. 終の二択(ワニブックス)
  4. 聖口布(ご遺体閉口布)
  5. 【書籍】「がんばらない死に方」
  6. ライフエンディング(終活)相談カウンターin日本橋
  7. ライフエンディング(終活)相談カウンターin日本橋
  8. 遺言映像サービス『つたえびと』

おすすめ記事

遺品整理・片付け代行「おやすけ悟空」

これで、5,000円でした。萩野谷くん、ありがとうございました。電話一本で常陸太田市…

立会い不要おまかせ葬儀プラン【プレミア葬祭】

プレミア葬祭の立会い不要おまかせプランは、お迎え、役所手続き、火葬、合同墓地への納骨まで、立会い不要…

葬儀最前線[フューネラルドレス](恵比寿)

「最後まで、ステキな私で」をキャッチフレーズに、フューネラルドレスを製作している「株式会社ア…

エンディングドレスのハッピーエンド(札幌)

エンディングドレスのブティック「ハッピーエンド」が7/1にオープンした。エン…

日本葬祭アワード大賞「エンディングドレス」

日本葬祭アワード2012大賞(主催:日刊葬儀新聞社)は、亡くなられた方の最後の身支度となる「…

カヤックの葬儀社「鎌倉自宅葬儀社」

「最後の思い出も、家でつくる。」自宅葬に特化した『鎌倉自宅葬儀社』を設立高まる小規模葬儀…

PAGE TOP