【シニア向け映画舞台挨拶】燦燦-さんさん-

“高齢者の婚活”というテーマで公開前から話題となっていた『燦燦-さんさん-』が、本日公開となり、初回は10時という朝早い時間にも関わらず、劇場は満席のお客様で賑わった。主演の吉行和子や宝田明、山本學のベテラン俳優に加え、蜷川幸雄氏が率いる平均年齢74歳の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の俳優陣も加わり、合計9名が登壇する、大変賑やかな舞台挨拶となった。

00010_02
本作は、介護の末に最愛の夫を亡くし、ずっと独り暮らしをしている77歳の鶴本たゑが「人生を輝かせたい!」と奮起し、“婚活”を始めるというストーリー。“婚活”がもたらす生きる喜びを描く爽やかな感動作。それに因んで司会者から、本作の中で吉行演じる鶴本たゑが口癖のように言っている「毎日がスタートライン!」という名ゼリフにかけて「これからスタートさせたいと思っていることを教えてください」との質問に、吉行は「やっぱり婚活ですね!!」とキッパリ即答!「これからの人生は生き生きと!」と本作の主人公そのもの。それを聞いた山本も「一人暮らしになって6年になりますが、婚活まではなかなか…。茶飲み友達でも出来たらいいですね。自分から誘えない質なので、よろしくお願いします」と答えると、その意外な発言に会場は笑いに包まれました。

続けて「婚活を始めたたゑがどんどん若く綺麗になっていきますが、若さの秘訣は何ですか」の問いに吉行は、「退屈するのが嫌いですから、何か面白いことはないかなって毎日考えてます。そうしないと普通の老婆になってしまうんですよ(笑)」と観客の笑いを誘うと、宝田は「ご主人や妻を亡くされてお一人の方も多くいると思います。不自由かもしれませんが、それは決して不幸ではありません。」と力強いメッセージに、大きな賛同の拍手が起きました。

本作が長編デビュー作であり、タイトル『燦燦—さんさん—』通りの“33”歳である外山監督は、「(吉行さん、宝田さん、山本さんだけではなく、さいたまゴールドシアターの皆さんも)人生の大ベテランだったので、監督するのが大変でした…」と恐縮しつつも、「これだけ心強い俳優の皆さんとともに作品を世に送り出せることを、本当に嬉しく思っています。」と、大入りのお客さんを前に、感無量の表情であった。

イベントの最後には、吉行が登壇時からずっと手にしていた、本作公開記念として花門フラワーゲートで限定販売中の「燦燦オリジナルブーケ」を客席に向かってブーケトスをするという“幸せのお福分けタイム”に突入!宝田にリードされながら、客席に背を向け、ブーケを後向きにトスすると、若いカップルの女性が見事ゲット!吉行からは「この映画は、出演者は年寄りが多いんですけど、若い方たちがご覧になっても、歳を取るのは怖くない!と思えるような映画になっているんですよ。もちろんご高齢の方は、我が事のように楽しくご覧になってください!(笑)」と熱く語ると、客席は笑いで溢れました。

このヒューマントラスト有楽町での舞台挨拶の後、一行は品川プリンスシネマ、京成ローザ⑩、ユナイテッド・シネマ浦和と全4箇所を巡り、すべての劇場で満席となったお客様から、あたたかい歓迎を受けていた。

 

【STORY】 鶴本たゑ(吉行和子)、77歳。長きに渡る介護の末に最愛の夫を亡くし、それからずっと独り暮らし。離れて住む息子たちは、なかなか会いに来てはくれない。亡き夫の親友・森口(宝田明)が会長を務める老人クラブに気の合う仲間はいるものの、年寄じみた活動は楽しめず、足が遠のいてしまうこの頃。淡々と過ぎゆく日々の中で、たゑは思う。「人生の花道を輝かせたい!」 そんな時、街に出たたゑは、結婚相談所のショーウィンドーに飾られたウェディングドレスに、ふと惹きつけられる。人生のラストパートナーを求めて、たゑの“婚活”が始まった—。

【監督・脚本:外山文治】 名優たちとタッグを組むのは、日本の高齢化社会をモチーフにした短編映画が世界各国で絶賛された期待の新鋭、本作で長編映画監督デビューを飾る外山文治(監督・脚本)。埼玉県の映像産業拠点施設SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザが実施する、若手映像クリエイターの育成を目的としたデジタルシネマ製作支援プログラム<D-MAP2012>において、コンペを勝ち抜き、本作の制作の運びとなりました。

出演:吉行和子 山本學 / 宝田明
脚本・監督:外山文治   原案:外山文治「燦燦」(ユナイテッド・シネマ主催 第六回シネマプロットコンペティション グランプリ・SKIPシティ賞W受賞作品)
キャスティング協力:彩の国さいたま芸術劇場
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント

配給:東京テアトル/デジタルSKIPステーション  ©2013 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ  【2013/日本/81分】
1116日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ユナイテッド・シネマ浦和ほか全国順次公開!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で業界共同新聞社をフォローしよう!

この著者の最新の記事

関連記事

熊本地震寄付は日本赤十字社へ

ピックアップ記事

  1. シニアにも大人気!ポケモンGOでウォーキング

    株式会社ポケモンとNiantic, Inc.のスマホアプリ『Pokémon GO(ポケモンGO)』が…
  2. ペットが亡くなった時どうすればいい?

    ペットが亡くなった時、どうすればいいでしょうか。そんな悩みに応えてくれるのが、 大阪ペット霊園社(…
  3. 家族で楽しむ「手ぶらでキャンプ」

    子どもと一緒に国立・国定公園で自然を楽しむ全国30か所の休暇村で『手ぶらでキャンプ』を販売開始!家族…
  4. 新刊:最高のお葬式最高のご供養

    あの「ぶっちゃけ寺」出演僧侶が、みんなが知りたい「お寺の疑問」に全て応える待望の書籍発売! 〜お寺…
  5. 薬に頼らない遠隔睡眠カウンセリング

    従業員の睡眠改善と労働生産性向上を専門とする株式会社ニューロスペースは2016年4月、医療法人社団ナ…

ピックアップ記事

  1. 伝説の盲目の画家と、無名の美術評論家の旅/僕とカミンスキーの旅 詳しくは日刊映画新聞 提供:…
  2. 厳しい中東の現実を寓話的に描く瑞々しさ溢れるイラン映画の傑作 国境沿いの立入禁止区域に放置された船…
  3. 最新[シニア向け映画情報] 鶴本たゑ(吉行和子)77歳。 『淡々と過ぎていく人生の花道を…

スマートフォン版

ページ上部へ戻る